事件事故

菅谷信正の自宅住所を調査!動機は息子が怖かったからか。横浜市・バール殺害事件

息子をバールで殺害した菅谷信正容疑者事件事故
息子をバールで殺害した菅谷信正容疑者

2022年11月12日の午後6時40分頃、菅谷信正容疑者(78歳)が横浜市保土ヶ谷区川島町の自宅前の路上で、同居する息子の昌良さん(50歳)の頭などをバールで殴って、殺害したとして逮捕されました。

菅谷信正容疑者(78歳)の妻から、夫と息子が殴り合っているという110番通報があり、警察官が現場に駆けつけました。

警察官に対し、自宅内にいた菅谷信正容疑者(78歳)が、「息子を殺そうと思って、頭をバールで殴った」などと話し犯行を認めたといいます。

今回は菅谷信正容疑者(78歳)の自宅住所や犯行動機などについてまとめてみました。

 

菅谷信正容疑者の自宅はどこか

今回事件を起こした菅谷信正容疑者(78歳)の自宅住所はどこなのでしょうか。

報道によりますと菅谷信正容疑者(78歳)の自宅住所は「神奈川県横浜市保土ヶ谷区川島町」ということです。

神奈川県横浜市保土ヶ谷区川島町以外の詳しい住所については明らかになっていませんが報道の自宅画像から菅谷信正容疑者(78歳)の自宅と思われるところを見つけました。

菅谷信正容疑者(78歳)の妻から通報を受けて駆けつけた警察官が周辺を捜索したところ、自宅前の路上に血痕があり、20~30メートル離れた雑木林の遊歩道で、昌良さんが、血を流して倒れていたという報道がされていることからもここではないかと思われます。

 

菅谷信正容疑者の息子さん殺害の動機

菅谷信正容疑者(78歳)は酒を飲んで暴れる息子の昌良さん(50歳)の様子に悩んでいたことが分かりました。

菅谷信正容疑者(78歳)は息子の昌良さん(50歳)に対し

「日ごろから酒を飲んで暴言を吐いていて、壁を殴ったりしていた」

「このままでは、私たち夫婦の命が危ないと思った」

と恐怖心を抱いていたようです。

また菅谷信正容疑者(78歳)の妻の話によりますと息子の昌良さん(50歳)は

「手のかかる子で怖かった」

と話しています。

昌良さん(50歳)は数年前から菅谷信正容疑者(78歳)ら家族と同居していて、よく言い争いをしていました。

菅谷信正容疑者(78歳)や妻にとって、自分よりも体力がある50歳の息子さんの昌良さんが酒を飲んだ挙句、暴言を吐いたり壁を殴ったりしていたら恐怖でしかありません。

親が子供を持て余すということ自体、相当なことだったと思います。

 

息子の昌良さん(50歳)はもともと酒癖が悪かったのか、自暴自棄になって酒を飲んで暴れるようになったのかはわかりません。

 

言い争いをする生活を送る中で、息子である昌良さん(50歳)が怖い存在となり、菅谷信正容疑者(78歳)はとっさにバールを手にしたのでしょうか。

菅谷信正容疑者(78歳)は長さ40cmほどのバールで、同居する息子さんの昌良さん(50歳)の頭を路上で3回殴ったといいます。

3回も殴ったということは、菅谷信正容疑者(78歳)はもうこれ以上耐えられなくなって、自分の子供を殺めてしまったのでしょうか。

いたたまれない事件です。

 

「8050問題」か

「8050問題」とは80代の親と50代の子どもの組み合わせによる生活問題のことです。

最近問題になっていますよね。

80代前後の高齢の親が、同居する50代前後の子供の生活を支えることにより、社会的孤立を深め、経済的にも困窮する世帯が増えているそうです。

「8050問題」は、子供の「ひきこもり」の長期化・高年齢化があるといわれています。

ひきこもりについては

「様々な要因の結果として社会的参加(就学、就労、家庭外での交遊など)を回避し、原則的には6カ月以上にわたって概ね家庭にとどまり続けている状態を指す現象概念」

と定義されています。※厚生労働省「ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン」

ひきこもりの要因は特定できないことが多く、統合失調症などの精神疾患や発達障害などが要因となる場合も考えられます。

菅谷信正容疑者(78歳)の息子さんの昌良さん(50歳)がどういう精神状態だったのかはわかりませんが、「8050問題」の典型的な例ではないでしょうか。

 

菅谷信正容疑者の世間の反応

「私なら殺したくなるほどの息子に育ったとしても殺さない、そうなったのは自分のせいだと思うので限界が来たら自分が死ぬことを選ぶ」

といった菅谷信正容疑者(78歳)を批判する声もありました。

しかし、自ら死を選ぶことは絶対にあってはなりません。

 

「50にもなって親元で暮らして、働きもせず酒飲んで年老いた親に手を挙げるそんな馬鹿息子。

こんなクソガキは、殺されても仕方ねえよ」

と菅谷信正容疑者(78歳)と同情的な声もあります。

しかし、どんな事情でも人を殺めることは間違っています。

 

菅谷信正容疑者(78歳)が事前に警察に頼ることができたらとも結果は違っていたのかもと思います。

たとえ家族であっても警察を呼び、その後に施設へ送られるべきだったと思うのですが、警察の実情を考えると仕方がない事件なのかもしれません。

警察に相談すれば

「家族内の出来事は家族で解決して」

「事件が起きていないのに通報しないで」

と指示される例がたくさんあるのが今の現状です。

 

いずれにせよ、悲しい出来事であるのには間違いありません。

昌良さん(50歳)のご冥福をお祈りいたします。

よりみち速報!
タイトルとURLをコピーしました