エンタメ

Snow Man「滝沢歌舞伎」は今後どうなる?海外公演は中止?来年をもって終了か。

エンタメ

ジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長(40歳)が退社したことが10月31日にわかりました。

滝沢秀明は2018年末にタレント業をやめ裏方に回ってから3年10カ月。

滝沢秀明は前社長であるジャニー喜多川(享年87歳)の後継者として若手のプロデュースに力を注いできましたが、9月中旬に退社を申し入れていたといいます。

滝沢秀明はジャニーズアイランドの社長を退任していたことも判明しました。

滝沢秀明の後任には元V6の井ノ原快彦(46歳)が就任しました。

滝沢秀明退社で60周年のジャニーズ王国が崩壊するのではないかと言われています。

今回は滝沢秀明の退社によってタキニの「Snow Man(スノーマン)」の「滝沢歌舞伎」はどうなるのか、また「タキニ」についてまとめていきます。

滝沢秀明はジャニーズJr.に力を注いでいた

ジャニーズ事務所によりますと、9月中旬に滝沢氏から退任の申し出があったといいいます。

藤島ジュリー景子社長から慰留されたが意志は固く、9月26日付で「ジャニーズアイランド」社長を退任し、10月31日をもって、ジャニーズ事務所副社長も退いたといいます。

滝沢秀明は、2018年9月「タッキー&翼」の解散にともなってタレント業を引退し、ジャニーズ事務所のナンバー2に就任しました。

滝沢秀明は2019年1月には「ジャニーズアイランド」の社長にも就任しています。

滝沢秀明は2019年7月にジャニー喜多川前社長が死去後、故人の遺志を受け継ぎ、ジャニーズJr.の育成とプロデュース業に力を注いできました。

滝沢秀明はNHK紅白歌合戦のリハーサル現場に顔を出したり、新聞記者やテレビ局スタッフに直接名刺を手渡すなど、みずから足を運んで所属タレントを売り込んできました。

滝沢秀明は今やジャニーズの中で不動の人気の「Snow Man(スノーマン)」と「SixTONES(ストーンズ)」をデビューをさせています。

滝沢秀明は「Travis Japan(トラビスジャパン)」を10月28日にジャニー喜多川前社長の夢であった世界デビューをさせました。

ジャニーズJr.の「22歳定年制」など新制度も積極的に導入し、新時代のジャニーズを作り上げたといっても過言ではないでしょう。

滝沢歌舞伎、今後どうなる?

「滝沢歌舞伎」とは新橋演舞場で2006年に滝沢秀明が若干23歳で座長を務めあげた「滝沢演舞城」が始まりです。

2006年の「滝沢演舞城」にはまだ「Snow Man(スノーマン)」は結成されていなかったものの、現メンバーの深澤辰哉渡辺翔太阿部亮平が出演しています。

2010年に新橋演舞場が改修工事で使えなくなったため、劇場を変え演出や構成が全く違うものになったため、「滝沢歌舞伎」として生まれ変わりました。

2019年からはタキニである「Snow Man(スノーマン)」が滝沢秀明からバトンを受け継ぎ、座長を務めています。

名称も「滝沢歌舞伎ZERO」と変更されました。

「Snow Man(スノーマン)」は滝沢秀明からバトンを受け継いで5年目の節目となる来年は「スーパー滝沢歌舞伎ZERO」を開催し、海外公演も予定していました。

果たしていったい来年の「滝沢歌舞伎」は行われるのでしょうか。

ファンの方は心配ですよね。

どうやら来年の滝沢歌舞伎はドーム級の巨大会場で行われということがわかりました。

しかし、発表されていた海外公演などは未定のようです。

滝沢秀明が辞めてしまったら「滝沢歌舞伎」ではなくなってしまうことは予想できます。

 

「滝沢歌舞伎」が「井ノ原歌舞伎」になるのではという憶測も飛び交い、この言葉はトレンド入りするほどでした。

しかし、滝沢秀明が作り上げた「滝沢歌舞伎」をそのままの演出で井ノ原快彦が行うとは思えません。

どうやら「井ノ原歌舞伎」はなさそうですね。

滝沢秀明による「滝沢歌舞伎」だからこそ価値があったようにも思えます。

また「滝沢歌舞伎」は2023年をもって終わるのではないかとされています。

常にファンの声・目線を大事にしてきた滝沢秀明が、公演が決まっていた「スーパー滝沢歌舞伎ZERO」を途中で投げ出したとは思えません。

ですので、「スーパー滝沢歌舞伎ZERO」はいったん終わるのではないかという予想もされています。

 

タキニは誰?

「タキニ」とは滝沢秀明のお気に入りという意味でジャニーズファンの間ではよく使われている言葉です。

滝沢秀明のお気に入りの「タキニ」人はどんな人がいるのでしょう。

  1. Snow Man(スノーマン)・ラウール
  2. Snow Man(スノーマン)・目黒蓮
  3. Snow Man(スノーマン)・岩本照
  4. A.B.C-Z(エービーシーズィー)・河合郁人
  5. IMPACTors(インパクターズ)
  6. HiHi Jets(ハイハイジェッツ)

と言われています。

Snow Man(スノーマン)・ラウール

中でも滝沢秀明にとって「Snow Man(スノーマン)」・ラウールは「スペオキ」(スペシャルお気に入り)になります。

ラウールはもともと「少年忍者」のメンバーでしたが滝沢秀明が「Snow Man(スノーマン)」に加入させました。

ラウールはそのスタイルの良さから2022年には「YOHJI YAMAMOTO POUR HOMME 2023 Spring Summerコレクション」に出演しパリコレにデビューしています。

ラウールはオーディションを受け、コレクションモデルとしての出演が決定したわけですが、滝沢秀明の目に狂いはなかったとも言えますね。

Snow Man(スノーマン)・目黒蓮

「Snow Man(スノーマン)」・目黒蓮は「宇宙Six(うちゅうシックス)」のメンバーでしたが、滝沢秀明が「Snow Man(スノーマン)」に加入させた一人です。

目黒蓮もまたスタイルの良さからモデルをしています。

また目黒蓮は俳優としても活躍されています。

目黒連はフジテレビの「silent」やNHKの朝ドラ「舞いあがれ!」にも出演し、映画では「月の満ち欠け」にも出演しています。

目黒連と共演する俳優陣が豪華キャストが多く、特別待遇だとも言われています。

Snow Man(スノーマン)・岩本照

「Snow Man(スノーマン)」・岩本照は身体能力を活かして「SASUKE」へ5回も出演しています。

岩本照はすごく鍛え上げていて筋肉が美しい印象。

岩本照は「Tarzan」に連載を持つほどです。

また映画「モエカレはオレンジ色」にも出演しています。

A.B.C-Z(エービーシーズィー)・河合郁人

A.B.C-Zの中でも群を抜いて露出度が高い河合郁人。

河合郁人はキムタクのモノマネや松本潤などジャニーズタレントのモノマネで知った人も多いのではないでしょうか。

河合郁人は滝沢秀明のアドバイスで路線変更したことも語っているくらいです。

A.B.C-Zは決して売れているとは言えないグループですが、河合郁人は「バス旅」で一躍人気者になりました。

愛知県の観光大使にも任命されています。

IMPACTors(インパクターズ)

「IMPACTors(インパクターズ)というグループ名は、「Impact(衝撃)を与えて、時代を切り開いていくグループになってほしい」 という思いで滝沢秀明がつくったグループです。

「IMPACTors(インパクターズ)」の結成は、ミュージックステーションの生放送内で発表され話題にもなりました。

また「滝沢歌舞伎」にも全員が出演しています。

HiHi Jets(ハイハイジェッツ)

「HiHi Jets(ハイハイジェッツ)」はジャニーズJr.でローラースケートを武器にしたグループです。

ジャニー喜多川前社長に「HiHi Jets(ハイハイジェッツ)」は「youたちにはかなわないよ」と言われていたことから、「ジャニー喜多川前社長のスペオキ」だったのかもしれませんね。

 

滝沢秀明のお気に入り「タキニ」はどうなる?

滝沢秀明のお気に入り「タキニ」は今後どうなってしまうのでしょうか?

Twitter(ツイッター)では「タキニ」にこのまま滝沢秀明と出ていってほしいなどの声も聞かれます。

また「タキニ」は消えてほしいなどという声も。

 

「Snow Man(スノーマン)」はいまや大人気であり、滝沢秀明が抜けたあとはジャニーズでどう扱われていくのかが心配になりますね。

「Snow Man(スノーマン)」は今の人気が続けば安泰かもしれませんが、滝沢秀明が退社したことで露出が減るのではないかという心配もよぎります。

「タキニ」だった人たちはジャニーズ事務所でどうやって生き抜いていくか、真価が問われることになるかもしれません。

 

滝沢秀明が完全決別?今後は?

滝沢秀明はなぜ退社を決めたのでしょうか。

藤島ジュリー景子社長(56歳)とうまくいかなかったという話も上がっています。

ジャニーズから独立しても、業界からは手のひらを変えたたような対応を受けるのを滝沢秀明は十分知っているはずです。

それでも退社したのですから、相当な覚悟で完全決別を決意したのかもしれません。

滝沢秀明による会見などが行われないため、真意ははかり知れない。

仮に会見をひらいたとしても、滝沢秀明から真実が述べられるとは限りません。

ただ報道によりますと、滝沢秀明は今後は「火山探検家になるのでは」という声もあります。

滝沢秀明は2013年にテレビ番組でバヌアツ共和国にある火山の火口内部の潜入調査に参加したことで興味を抱き、潜入が許されている火山に次々に挑戦しているとのことです。

火山研究家らとの人脈もあって、以前から火山探検家としてもっと挑戦したいとの意思を示していたといいます。

活動は趣味の範囲を超えていて、今後専念するのではないかとうわさされています。

 

滝沢秀明がミリオンセラー級の「Snow Man(スノーマン)」をデビューさせたことは、ジャニーズ事務所に対して貢献度は高いと思われます。

その滝沢秀明を失ったジャニーズ事務所の存続はどうなっていくのか。

ジャニーさんイズムはどうなってしまうのでしょう。

近年、K-POPなどに押され気味のジャニーズですが、滝沢秀明の退社によって崩壊する日が来るのかもしれません。

 

<<追記>>

滝沢秀明さんがTwitter(ツイッター)アカウントを開設しました。

現時点でのフォロワー数は50万人を超えてどんどん増えていくと思われます。

プロフィールには冒険家と書かれていますね。

赤西仁さんや山下智久さん、錦戸亮さんが滝沢秀明さんのアカウントについてツイートしています。

そして3人のツイートを滝沢秀明さんはリツイートしています。

まだ滝沢秀明さん自身のツイートなどはありません。

滝沢秀明さんの今後の動きが気になるところです。

 

 

よりみち速報!
タイトルとURLをコピーしました