事件事故

冨川芽生さんと小槌杏さん犠牲に!仮装してハロウィーンに参加?ソウル・梨泰院群衆雪崩事故

事件事故

10月29日午後10時15分頃に韓国ソウル・梨泰院で群衆雪崩事故が起きました。

梨泰院で起きた分集雪崩事故は死者154人、156人、重傷者33人、軽傷者116人を出す大惨事となっています。

梨泰院で起きた群衆雪崩で亡くなった犠牲者の中に日本人留学生2人が含まれていることがわかりました。

今回はソウル・梨泰院で群衆雪崩が起こったの経緯や、犠牲となった日本人女性についてまとめてみました。

 

なぜソウル・梨泰院で群衆雪崩は起こった?

ソウル・梨泰院の群衆雪崩の事故は10月29日午後10時15分過ぎころ、梨泰院のランドマーク、ハミルトンホテル近くの裏路地で起きました。

ソウル・梨泰院は渋谷と同じようにハロウィーンの時期になると仮装した若者が集まる場所として有名です。

3年ぶりの行動制限が緩和されたハロウィーン。

 

10月29日にはおよそ10万人もの人がハロウィーンを楽しむために仮装してソウル・梨泰院に集まりました。

ソウル・梨泰院の群衆雪崩が起こった原因は狭い場所におよそ10万人が押し寄せたことが原因のひとつだと報じられています。

ソウル・梨泰院の群衆雪崩が起きた路地は、梨泰院の中心にあるハミルトンホテルの横にあり、幅はおよそ4メートルと、並んで通るには大人6人でも厳しい狭さだといいます。

また、ソウル・梨泰院で群衆雪崩が起こった路地は坂道で、比較的傾斜が急だったことも被害が大きくなった要因だとして指摘されています。

ソウル・梨泰院の群衆雪崩は、急で狭い路地に人が殺到し、身動きが取れなくなった状態で、ひとりが転んだところに大勢の人がドミノ倒しのように次々と倒れてしまったのだといいます。

ソウル・梨泰院の群衆雪崩が起こった狭い道にどうして多くの人が押し寄せたのかについては、さまざまな説がながれています。

韓国当局は通りにある地下のクラブに芸能人が来店したという話が広がり、クラブ前に人が集まったのではないかとみて調べています。

また地下のクラブに芸能人が来店したことを知らなかった人も、たまたま人の流れに巻き込まれて事故が起きたのではないかとしていますが、詳しいことはわかっていません。

3年ぶりの行動制限が緩和され、ようやく自由になったという思いから仮装してハロウィーンを楽しむために、ソウル・梨泰院に足を運んだ方も多かったのではないでしょうか。

 

またソウル・梨泰院の群衆雪崩の事故が起こった当日の警備体制にも問題があったといいます。

ソウル・梨泰院の群衆雪崩の事故が起こった10月29日に、警備をしていた警察官はたったの32人だった報道されています。

200人との発表でしたが実際に警備をしていたのは32人。あまりにも少なすぎます。

ハロウィーンで仮装した人が多く集まることは容易に想像できたはずです。

ソウル・梨泰院のハロウィーンに集まった10万人に対し警備が32人、発表通り200人だとしても少ないように思います。

ソウル・梨泰院の群衆雪崩の事故は警備体制がもっとしっかりしていれば、起きなかったかもしれません。

 

犠牲になった日本人留学生:冨川芽生さん

最初に身元が判明した日本人留学生は26歳の女性でした。

「北海度根室市」出身の冨川芽生さんです。

とてもかわいらしい女性ですね。

根室市議で父親の歩さん(60歳)によると、冨川芽生さんは地元の北海道根室高等学校を経て、札幌にある観光関連の専門学校を卒業したそうです。

冨川芽生さんは韓国の文化やアーティストに興味を持っていて、「韓国と関わる仕事をしたい」と家族に夢を語り、6月から半年間の予定でソウルの大学に語学留学していました。

29日夜のソウル・梨泰院の群衆雪崩が起こった事故直前には冨川芽生さんからLINEで「フランス人の友人と出かける」と連絡を受けましたが、詳しい行き先は聞いていなかったそうです。

父親の冨川歩さんは30日朝、ソウル・梨泰院で大惨事になったニュースを知り、芽生さんに電話をかけたそうですが、なかなかつながらなかったということです。

何度目かの電話で韓国の警察が電話口に出て「スマホが道端に落ちていた」と伝えられました。

日本の外務省にも30日朝から問い合わせをし、芽生さんの写真も送っていたところ、午後5時ごろ、「指紋で死亡が確認された」と連絡を受けたといいます。

歩さんは「明るくて、かわいい子だった」とぐっと涙をこらえながら芽生さんについて語っていました。

冨川芽生さんもハロウィーンの仮装をして出かけたのでしょうか。

富川芽生さんのFacebook(フェイスブック)を検索したところ、「冨川芽生」さんというお名前のアカウントが1件ヒットしました。

Facebook(フェイスブック)の情報からソウル・梨泰院の群衆雪崩の事故で犠牲になった「冨川芽生」さんのアカウントで間違いありません。

また冨川芽生さんはminne(ミンネ)でアクセサリーを販売していたようです。

そして冨川芽生さんはWEBデザイナーとしても活躍されていたようです。

 

冨川芽生さんはいろいろなことにチャレンジされていたようです。

冨川芽生さんは大きな夢を抱いて韓国に留学したのでしょう。

26歳という若い命がソウル・梨泰院の群衆雪崩で失われてしまうとは大変痛ましい事故です。

冨川芽生さんは亡くなる直前まで父親の歩さんとLINEをしていたくらいですから、とても仲が良く、そして父思いの方だったと思います。

冨川芽生さんのご冥福をお祈りします。

 

犠牲になった日本人留学生:小槌杏さん

もう一人の犠牲になった留学生はまだ10代でした。

埼玉県出身で18歳のソウル市内の建国大に留学中の小槌杏さんです。

 

小槌杏さんの祖父によりますと、今年8月末に韓国語を勉強するため、韓国に留学したといいます。

小槌杏さんの祖父は

「送り出したのは本当に頑張ってねって。まさかこんなことになるって思ってもいなかった。

電話した時には頑張ってると。食べ物がすしが食べたいなとか、そんな感じでした」

小槌杏さんの祖父は、「まさかこんなことになるとは」とショックを隠せないようでした。

また小槌杏さんのご遺族は「かわいい子だったので胸が張り裂けそう」などと語っていました。

 

かわいらしい仮装をしてソウル・梨泰院のハロウィーンに行かれたのでしょうか。

 

小鎚杏さんのFacebook(フェイスブック)も調べてみましたが、「小鎚杏」というお名前の方はヒットしませんでした。

Facebook(フェイスブック)では亡くなった場合に、追悼アカウント管理人を指名して追悼アカウントの管理を任せるか、Facebook(フェイスブック)からアカウントを完全に削除するかのいずれかをあらかじめ選んでおくことができます。

小鎚杏さんがFacebook(フェイスブック)にアカウントを持っていたとしても、アカウントが削除された場合も考えられますね。

しかしながら現段階では小鎚杏さんがFacebook(フェイスブック)にアカウントを持っていたかどうかは断定できませんでした。

 

小鎚杏さんは18歳という若さで夢をもって韓国に留学したに違いありません。

18歳という尊い命がソウル・梨泰院の群衆雪崩で失われたことは大変悲しいことです。

小鎚杏さんのご冥福をお祈りします。

 

29日の韓国ソウル・梨泰院の群衆雪崩のような事故はもう二度と起きてほしくはありません。

梨泰院の群衆雪崩の事故を教訓にして今後は安全なハロウィーンになってほしいものです。

 

韓国ソウル・梨泰院の群衆雪崩の事故で亡くなられたすべての人のご冥福をお祈りします。

よりみち速報!
タイトルとURLをコピーしました