雑学

今昔教科書の違い|教科書の内容が変わった!?

雑学

私たちが今まで学習してきた教科書の内容が、今の教科書の学習内容とかなり違いがあることをご存じですか?

私はほとんど知りませんでした^^;

たまたまテレビを見ていて、えぇっそうなの?と驚きました。

皆さんはどれだけご存じでしょうか?

実は授業のスタイル自体も変わっているようなんです。

今の子供たちの授業

体育の授業の変化

私たちの時代は根性論で育ってきました。

私が通っていた中学校では、なぜか毎月マラソンがあって、

陸上選手でもないのに、鍛える方法と言えばなぜかマラソン。

マラソン大会なんて普通1年に1回くらいじゃないですか?

根拠のない根性論の授業は今はなくなっています。

意味のないトレーニングはなくなって、根拠に基づいたトレーニングが主流となっているようです。

英語の学習

英語は中学から必須科目でしたが、今は小学校3年生から英語の授業が始まっています。

中学校では私が習った時のレベルとは違って、英語を使って授業を行い、

高校生では英語を話す人と会話ができるようなレベルまでの授業内容になっています。

パソコンやタブレットの導入

ICT教育という言葉をご存じですか?

ICT教育とはパソコンやタブレット端末、インターネットの情報通信を活用した教育です。

教育の現場でもIT化が進んでいて、子供が必要な情報を活用していき、情報化社会に対応できるように進めていく授業が主流になっています。

教科書の内容の変化!具体的にどう変わったの?

さていよいよ、本題です!!

いくつか見ていきましょう!

いい国作ろう鎌倉幕府 → 1192年

私はこれで覚えました。

しかし今は

いい箱作ろう鎌倉幕府 → 1185年

に変わっています。

この変更は間違いだったわけではなく、年々歴史が変わってきて再定義によって変更されたものです。

聖徳太子 → 廐戸皇子(うまやどのみこ)

聖徳太子と言えば誰もが知っている人物ですが、現在は廐戸皇子(うまやどのみこ)とされています。

生前は廐戸皇子(うまやどのみこ)であり、亡くなった後に聖徳太子という名前になったということです。

踏み絵 → 絵踏み

これも再定義によるもので、絵踏みはキリスト教信者を発見するために用いた方法。

踏み絵はその時に用いられた絵などのことを言います。

和同開珎 → 富本銭(ふほんせん)

和同開珎は日本最古の貨幣と私は教わりましたが、実は富本銭(ふほんせん)が日本最古です。

リンカーン → リンカン

リンカーンと言えばアメリカ合衆国大統領ですが、今の呼び方はリンカン。

これに関してはできるだけ現地の読み方に近い表現で外来語を書き直そうということからでした。

コロンブス → コロン

現地の呼び方では、コロンというのでその流れからですね。

よりネイティブにということなのかもしれませんが、もはや何者かわからなくなってしまいますね^^;

太陽系の惑星

水金地火木土天海冥 → 水金地火木土天海

2006年に惑星の定義が新しくなり、冥王星は準惑星となりました。

これは有名なのでほとんどの方はご存じでしょう。

ℓ(りっとる) → L

Lの筆記体ℓがアラビア数字の1と紛らわしいという理由で大文字のLになりました。

これは私は初めて知りました。

ℓのほうが馴染みやすいです^^;

英語での自己紹介の仕方

My name is Taro Yamada. → I’m Yamada Taro.

どちらも正しいのですが、よりカジュアルな場面で使われるほうに変更されました。

I’m Yamada Taro. のほうが言いやすいですね。

他にも

フランシスコ・ザビエル → フランシスコ・ジャヴィエル

リアス式海岸 → リアス海岸

などまだまだあるようですよ。

たまたまテレビを見ていなければ、知らないことがいっぱいでしたね。

今の教科書に触れてみたいなと思った瞬間でした。

よりみち速報!
タイトルとURLをコピーしました