ライフ

保険証廃止!?マイナンバーカードへ一本化!いつから?

マイナンバーカードライフ

厚生労働省は健康保険証を原則廃止して、マイナンバーカードへ一本化する時期を発表しました。

2024年秋で調整を行っているようです。

健康保険証を廃止した後は、基本的にマイナンバーカードでの事務対応となります。

健康保険証を廃止してマイナンバーカードへ一本化するメリットはあるのでしょうか?

2021年10月からマイナ保険証の導入はすでに始まっている

マイナ保険証は健康保険証の代わりにマイナンバーカードの個人認証機能を使い、本人確認や健保組合の特定を行う仕組みになっています。

マイナンバーカードを健康保険証として利用するシステムはすでに2021年10月から本格導入されています。

そして今年度の診療報酬改定で医療機関、薬局の診療報酬に加算が設けられていました

この改定では、マイナ保険証に対応する医療機関を増やすために、患者がマイナ保険証を利用して医療機関等を受診すると、健康保険証を使って受診するよりも医療費が高くなっていたんです。

「マイナ保険証を使って受診すると損をする」という制度に、疑問の声もあったようです。

しかもマイナンバーカードの普及率は人口の5割にも達していないのが現状。

そこで、2022年10月1日に制度の改正が再度行われました

今回の改正ではマイナ保険証を利用する患者の医療費を引き下げて、利用拡大につなげようという狙いがあってのことです。

しかし、マイナ保険証の利用で実際に「医療費が安くなるのか」というとそうでもないようなんです。

いったいどういうことなんでしょう?

マイナ保険証の落とし穴!?

マイナ保険証を使って医療費が安くなるのは、実際にマイナンバーカードを読み取る機械が設置されている医療機関等だけです。

マイナ保険証に対応した医療機関等に健康保険証を持参すると加算が請求されてしまいます。

マイナンバーカードを読み取れる機械を設置していない医療機関等には初めから診療報酬に加算がついていません。

そのため現状では加算がついていない医療機関等で、健康保険証を使って受診するのが一番安いと言います。

実はマイナ保険証非対応の病院に、マイナンバーカードを持っていって受診すると、健康保険証の資格確認ができないため、医療費をいったん10割で支払うことになるんです。

あとから健保組合に請求すれば、差額は戻ってきますが、10割負担で医療費を支払うには抵抗がありますよね。

なんとなくしっくりときません。

2023年4月までには医療費の格差はなくなる!?

厚生労働省は2023年4月までにすべての医療機関等に対して、マイナ保険証による健康保険資格確認システムを導入するよう義務付けています。

これによって、受診する医療機関等によって医療費が変わってくることもなくなりますね。

しかし、今現在導入している医療機関は病院と薬局でも5割に満たず、クリニックや歯科では約2割程度となっています。

私のかかりつけ医もまだ導入には至っていないですね。

健康保険証が廃止される!

先にも述べましたが、2024年秋にも健康保険証を廃止して、マイナンバーカードに一体化する方向で調整に入っています。

しかし、国民からは反対の声が多く上がっているようなんです。

反対の声をあげてみると

  • 暗証番号を忘れたら使えない
  • 寝たきりだとマイナンバーカード自体の発行が難しい
  • セキュリティの問題
  • 個人情報の漏洩問題
  • 医療費が高くなる

などです。

そもそもマイナンバーカードは持ち歩いたりせずに、大切に保管しましょうということではなかったのでしょうか?

しかも今まで何の問題もなく使えていた保険証を廃止する必要性はあるのでしょうか?

今の段階だと、私もマイナンバーカード一体化には反対ですね。

やっぱり個人情報漏洩の問題がネックになっています。

強制的にマイナ保険証にされるのは、考えものです。

メリットもあるとは思いますが、デメリットのほうが多いように思いますが。。。

皆さんはどうお考えになるでしょうか?

よりみち速報!
タイトルとURLをコピーしました